新潟県で働こう!新潟県企業でステップアップ

今までなじみのあった会社を辞めて自身のステップアップの為に、転職をする方がたくさんいらっしゃいます。しかし、この転職活動ですが、うまくいくときもあれば、いかない時もあります。面接を立て続けに受けて、すべて不採用となった場合、明日が不安になる方もいらっしゃるでしょう。それではどうすれば転職活動がうまくいくのでしょうか?今回は転職は成功させるコツをお伝えしたいと思います。

新潟県企業でステップアップ

転職を成功させるポイントの1つとして仕事の探し方というのがあります。多くの方たちが「こんな仕事をしたい。」「こんな会社で仕事をしたい。」と言う思いを込めて応募をされるようですが、頭をぶつけて失敗する人がほとんどのようです。仕事の探し方の基本と言うのは、まず「この会社でこんな仕事をしたい。」と言う希望を持つよりも、「どこの会社でなら、お役に立てるかな。」と言うところから立てていくのが1番いいと思います。自分がどこへ身を置けば、喜んでもらえるだろうと言うことを一番に考えると、比較的簡単に仕事を見つけることができるようです。

 

その次は自分に合った会社を見つけることです。大きくて看板がしっかりしていて、待遇の良い会社が必ずしも合った会社だとは言い切れません。大きな会社はバックアップ体制もバッチリで待遇も良いのですが、1つの場所で大勢の人たちが働くため、規則や決まり事がとても多くて窮屈な感じをすることがあります。逆に小さな会社や個人商店というのは、大会社に比べてそれほど規則がないので、比較的自分のやりやすいように手ごたえを感じながら、楽しく仕事をすることができます。大会社、子会社それぞれ長所と短所があります。自分に合った会社を見つけることが1番大切なのです。

応募する会社を絞ることができれば、次は面接です。面接を受ける時にもコツがあります。それは面接の時に、あまり根掘り葉掘り質問をしないということです。普通の会社であれば、業務内容や待遇に関しては、面接の時に担当者が話をしてくれます。その時に質問が出てくる場合もありますが、採用になってから尋ねれば良い事は質問を控えておくのがコツだと思います。面接で1番良い印象を受けるためには、「やりやすい子だな。」と、思わせるのが秘訣なのです。あまり質問で担当者をがんじがらめにしてしまうと、頭でっかちな人と言う印象であまり良い結果を出すことができないというのが私の今までの経験です。

説明を受けて、質疑応答をして、「何か質問はありますか?」と聞かれても、「特にありません。ありがとうございました。」と、さくっと終わらせる方が上手くいくようです。
どんな仕事につき、どんな会社で働くかと言うのは縁と言っても過言ではありません。その縁をできるだけ深く、つなぎ合わせるために今回の3つのポイントが役に立ってくるのです。現在、転職活動中の方が、今回ご紹介させていただきました3つのポイントを上手に利用して良いお仕事につければ幸いです。

 

諦めなければきっとうまくいく転職

転職活動と言うのはまるでギャンブルのようです。うまくいくときもあれば、いかない時もあります。仕事に就くと言うのは、半分以上円といっても過言ではありません。その縁を手繰り寄せるためにいろいろな骨というのがあるのですが、今回はうまくいく面接と失敗する面接をご紹介さしていただきたいと思います。
言わずともわかることですが、就職の際の面接と言うのは仕事をしてくれる人、働いてくれる人を採用する場となります。そのため求められる人材と言うのは、質疑応答に対して簡潔に対応できる人と言うのが絶対条件となります。応募者の視点から見れば、自分が入社するかもしれない会社の事を、入社前によく知っておきたいと言う気持ちはわからないのでは無いんですが、私の経験から言えば面接の際にあまり細かいところまで、根掘り葉掘りと質問する事はあまり褒められた行為とは言えません。プライベートな話をするというのも避けた方が無難です。

言い方は悪いのですが、採用担当者と言うのは仕事をしてくれる人、働いてくれる人を求めるために、面接を実施します。仕事を頼む際に「あれはどうなんですか」「これはどうなんですか」などとうだうだ質問してくれる人よりも、二つ返事で「はいわかりました。」と動いてくれる人を採用したいと考えています。面接の際にあまり質問が多いと、「この人はちょっと頭でっかちな人だな。」と思われてしまいがちです。もしその会社で採用を狙うのであれば、会社から見て直でやりやすい人でいる必要があります。

面接と言うのはあらかじめ面接の担当者が、大方の業務内容や待遇などを説明してくれます。ですのでこの時に全てを知ろうとするのではなく、どうしても入社前に確認しておかないといけない事項だけを質問とし、「不明な点はもうありません。ありがとうございました。」と言う具合に簡潔に終わらせる方が、面接官に良い印象与えます。「この人と仕事すると早く進むかも」と言う印象与えるのが、採用通知をいただくためのコツとなります。

採用不採用の分かれ道に服装や身なり言葉遣いなどがありますが、やはり1番大切な事は「この人を採用することによって、うちの会社がプラスに動く」と思わせることです。そのためにはあまり面接の時に質問攻めにして、長い面接を行うのではなく、1を聞いたら10を知る位の勢いで、面接を簡単に済ませることが成功の近道とあります。現在、転職活動中の方にとって参考になれば幸いです。

更新日:

Copyright© 新潟転職フェア・転職カンファレンス情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.