新潟転職フェア・転職情報を紹介!

「履歴書 書き方」などと検索をすれば簡単に今の時代簡単に出てきます。職務経歴書も同様です。このようにネットを検索をする人はたくさんいると思います。

私も検索をして履歴書を書いたことがあります。書き方が分からないので検索をするのは当たり前だと思います。職務経歴書はパソコンで履歴書は手書きをするのがベターです。

 

新潟県のお仕事情報を紹介

転職エージェントなどを利用している人は、担当者が検索をしてくれます。そのため何回も訂正をして完成をさせることができます。そして合格をもらうことができれば清書をしてその履歴書を持って面接を受けたい職場へ行きます。
学歴や経歴詐称と思われてしまう可能性があるので注意が必要です。学校名や学部・学科名、企業名や勤続年数などはすべて正確に記入しなければなりません。正式な名前はインターネットなどで調べましょう。短期間しか勤務していない場合でも、職歴はすべて正確に書かかなくてはいけません。株式会社は(株)と略さずに書いてください。

志望動機を書くときは、退職したい職場の理由というのは書かない方がいいと言われました。インターネットでの例文を見ていると、今の職場を退職したい理由が書かれているのがほとんどでした。それよりもなぜその会社に勤めたいのかというのをしっかりと記入することを優先して書いた方がいいと言われました。まず、結論を前に持ってくるという作業をしてください。そうするだけで印象が大きく変わります。そして理念をしっかりと理解をしてその一文を記入をします。そしてその理念から自分はここで役に立ちたい、頑張ってみたいというポジティブな言葉を入れるのが重要といわれました。そして最後には、自分の持っている力がこの会社では役に立つというアピールをしてください。自信の経験などを入れるのもいい方法です。

職務経歴書というのはこれまでのキャリアを振り返ることになります。時系列で勤務先ごとに仕事内容を書き出してみてください。職務経歴書を見て、この人と会ってみたいと思わせることが大事なのです。読みやすさというのはとても大事です。読みにくかったり、長すぎたり短すぎると読む方は嫌になってしまう可能性があります。A4で1枚におさめるのがベターです。しかしいろんな仕事を経験した人は書ききれなくて2枚になってしまうかもしれません。多くても2枚以内におさめましょう。分かりやすさを相手に伝えるために具体的な数字を入れるのもポイントです。

 

新潟県の転職サイト・転職エージェントはコチラ

当たり前ですが履歴書・職務経歴書の質で次の選考に進むかどうかの重要な部分になるという事は知っていますね。

大体の方はそんな事は分かっていると思ってる方もいますが、残念な事にちゃんと書けていない人が多いのも事実です。私は、転職エージェントに登録し担当の方に記入した履歴書・職務経歴書を確認してもらっていました。その時に指導してもらった内容をお伝えしていこうと思います。

履歴書ですが、手書き・パソコンどちらで記入しても問題はありません。ただ人事担当者は、課長、部長、社長が確認してもらう事が一般に多いです。年齢も高いのでパソコンよりも手書きの方が好印象になる可能性があると思いますが字の綺麗さも参考程度に見ていると思います。それが次の選考に影響するとは考えにくいですが、そういう部分も見ている採用担当者はいるので字に自信が無い方はパソコンをおすすめします。職歴は、あまりにも短い期間はあえて書かなくても良いです。

 

その期間は面接の時にしっかり対策をして伝えればいいです。資格欄には関係ない資格の記入は控えた方がいいです。受ける業種と取得した資格がリンクしていればアピールになりますが、全く関係ない資格だとかえって評価が下がる危険もあります。本人記入欄は、配属先の希望店舗(求人に勤務先店舗がある場合)や連絡が可能な日時などを記入します。

職務経歴書は決まった書き方・ルールはありません。ただ今まで勤めていた会社でどのような仕事をどれぐらいの期間でどのような実績を残したのかを記入する資料です。書きたい内容はたくさんあると思いますが枚数はA4用紙約2~3枚がベストです。なぜならその企業にはたくさんの応募書類が届きますがそれを丁寧に1枚づつ読んでくれる所は極めて少ないと考えられるからです。資料は2枚~3枚でまとめた方が担当者も見やすいと思います。

職務経歴書の内容ですが、①簡単な前職の勤務内容と今回応募した理由を約5行~8行くらいで簡潔に記入します。②時系列で上から直近の勤務内容を記入します。また、勤務した中で実績を残した場合はその旨も記入します。③自己PRを2つ~3つ記入します。何を学んだのか、それを次の仕事にどう活かす事が出来るのかをまとめます。前職の経験が多い程記入するスペースが必要になってきますので伝えたい内容だけ絞り記入します。

書類選考で通過するためには履歴書・職務経歴書を間違えずに記入することはもちろん勤めていた内容を簡潔にかつ学んだスキルをどう活かすかをアピールする必要があります。その注意点を確認してもらい転職活動に励んでほしいと思います。

 

新潟就職・転職情報

 

 

更新日:

Copyright© 新潟転職フェア・転職カンファレンス情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.